Recherche

アーティストの声

Heinz HOLLIGER

「私がリグータの楽器を演奏しはじめてもう60年以上が経ちます。ですからオーボエの事をリグータ抜きに考えるのはとても難しい!私にとってはオーボエすなわちリグータなのです。」

 

Maurice BOURGUE

「リグータを演奏することは、光り輝く音を手に入れることです。だから私は、1962年からブランドを変えず、ずっとリグータを吹き続けています。」

 

Thomas INDERMÜHLE

「私にとってリグータは、音楽を愛する聴衆に私の魂を伝える伝達手段なのです。」

 

Mathilde LEBERT

「”リーク”から”エクスプレシオン”を経てモデル”J”に至るまで、私は常にリグータと共に成長してきました。そしてこの素晴らしい一族の一員であることを誇りにしています。」

 

Sébastien GIOT

「メゾン・リグータは常に友好的で歓迎してくれる家族のようなアトリエです。この世代を超えた伝統には深く共感せざるを得ません。なぜなら父は既にリグータを演奏していましたし、”リーク”から”J”までリグータは常に私に寄り添い、限りない喜びを与え続けてくれるからです。」

Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping