Recherche

ブランドの歴史

Timeline

2019

1月 17

2019

〈リグータ〉はビュッフェ・クランポン グループに加わり、同グループのダブルリードのラインナップを更に充実させました。

2016

5月 16

2016

マティルド・ルベールがミュリ国際コンクールで第一位となる。フィリベール・ペリーヌが三位と最優秀解釈賞を獲得する。二人ともリグータの楽器を演奏している。2018年には彼らは当メゾンのエチュード用楽器の調律師となる。

2012

11月 5

2012

ジャック・ティースが〈リグータ〉の調律師になる。

2007

9月 13

2007

ジルダス・プラドがコーラングレの調律師となる。

2005

8月 17

2005

二つのアトリエを統合し、より広いアトリエをサン・モール・デ・フォセのクレテイユ大通り5番地にオープンする。

1992

4月 24

1992

フィリップ・リグータがロランの後を継ぎ社長となる。

1988

4月 23

1988

二つ目のアトリエをジョワンヴィル・ル・ポンのパリ通り66番地にオープンする。

1987

10月 23

1987

ジャンクロード・ジャブレがリグータの調律師となる。

1977

9月 18

1977

孫のフィリップ・リグータがアトリエで働き始める。

1975

8月 12

1975

クロード・メゾヌーヴがリグータの調律師となる。

1968

9月 25

1968

ジョワンヴィル・ル・ポンのジョワンヴィル通り25番地に移転。

1967

11月 20

1967

ロラン・リグータが後継者として指揮をとる。

1961

5月 3

1961

ハインツ・ホリガーがミュンヘン国際音楽コンクールで第一位を獲得。アンドレ・ラルドロとモーリス・ブルグがそれぞれ二位と三位を獲得する。全員リグータのオーボエを演奏。六年後、モーリス・ブルグは首位を獲得する。

1944

12月 14

1944

息子のロランがアトリエで働き始める。

1922

4月 3

1922

シャルル・リグータは、最初のアトリエをパリはポロンソー通り6番地に開く。

Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping